iワーク 数学

[対応教科書] 啓林館 東京書籍 学校図書 日本文教出版 大日本図書 教育出版 共通版

編集部数学科よりコメント iワーク 数学 表紙

定期テストをあらゆる角度から対策!
難化傾向にあると言われる定期テストですが、「応用問題・難問」増加の一方で、「語句・知識問題」など基礎・基本問題も多く出題されています。今回、取りこぼしやすい「易しい」問題と、「難しい」問題の部分を補強したことで、より万全な定期テスト対策ができるようになりました!

教材のポイント
1:基本事項から応用問題まで! 2:基礎基本の問題量に自信があります! 3:iワークプラスを強化しました!

構成

iワーク本冊

中2、中3では各章に入る前に、関連のある既習事項の復習ができるよう、導入単元として復習ページを設けています。
(中1の巻頭には「小学校の復習」が入ります)

iワーク本冊

1各章はいくつかの単元で構成されていて、1単元がポイント・確認問題・標準問題で構成されています。
(別冊で、充実した解答解説集も付いています。)

ポイント・確認問題
ポイント
知識事項や公式、例題とその解法を分かりやすく解説しています。Point1

確認問題
ポイントで学習した内容を理解しているか確認します。
標準問題
前ページのポイントに完全に連動した演習問題です。Point2
対応するポイントを明記しているので、解き方が分からないときにダイレクトに戻って確認することができます。

2章末に計算・単問トレーニング、語句・基本問題、まとめの問題A・Bがあります。

トレーニングページ
章末に当該内容のトレーニングページを収録しています。計算問題・図形や関数の基本小問の練習ができます。Point2
語句・基本問題~まとめの問題A
語句・基本問題
その章で学習した語句や、各単元の基本事項を確認する問題です。

まとめの問題A
その章で学習した内容の総まとめ問題です。対応する単元番号・ポイントを明記しているので、基本事項を再確認できます。Point1
まとめの問題B
その章で学習した内容の総まとめ問題です。まとめの問題Aよりも難易度が高めの問題を豊富に収録しています。Point1

iワークプラス(別冊)

100点満点のテスト形式で、第1部と第2部に分かれています。
定期試験対策に特化し、問題数を大幅に増加しました!Point3
語句・基本問題から応用問題まで難易度の幅をそろえて出題しています。第1部と第2部を組み合わせることで、定期テストの範囲にちょうど合う細やかな対策ができます。

第1部:各単元ごとに2ページ
第一部
第2部:各章ごとに4ページ
第二部サンプル1第二部サンプル2

別売

iワークドリル

iワークと連動したiワークドリル(共通版)をご用意しています!

iワークドリル書き込み式の計算・単問ドリルです。

・各学年で学習する内容を60回に分けた、問題演習用テキストです。
・1回分は1ページで、iワークの確認問題レベルの基本問題を中心に収録しています。
・iワークの確認問題、計算・単問トレーニングに加えて、このiワークドリルを使って演習することで、
  徹底的に基礎・基本の定着を図ることができます。
・家庭学習用としても学習をサポートできます。

仕様

教科書 学年 商品No. 頁数
啓林館 中1 2016 208
中2 2017 208
中3 2018 228
東京書籍 中1 2019 208
中2 2020 200
中3 2021 216
学校図書 中1 2022 200
中2 2023 196
中3 2024 224
日本文教出版 中1 2025 200
中2 2026 196
中3 2027 228
大日本図書 中1 2028 200
中2 2029 196
中3 2030 224
教育出版 中1 2031 208
中2 2032 196
中3 2033 228
共通版 中1 2034 200
中2 2035 196
中3 2036 224

●構成品は3点 ①本体 ②本体解答 ③iワークプラス(巻末解答セット)